洗濯機の水漏れ・水道 修理を防ぐためのポイント

洗濯機の水漏れ・水道 修理を防ぐためのポイント 普段使用する洗濯機ですが、水漏れなどのトラブルが発生することがあります。凍結による水道管の破裂や、蛇口やホースの経年劣化に伴う不具合など要因は複数です。
また、洗濯機を購入した際の取り付けや部品交換を自分でした時や、賃貸物件に備わっていた器具の不具合でも水道 修理が必要になることがあります。業者に依頼する方が確実に直してもらえますが、一般の方でも水道 修理が可能な場合もありますので、マメ知識として洗濯機を接続する蛇口の種類と処置する際のポイントを紹介します。

■洗濯機に使用する蛇口の種類

洗濯機を使用する際に蛇口を使いますが、水漏れしやすいタイプとしにくいタイプがあります。
万能ホーム水栓は、年数の経った賃貸物件や家屋の多くに設置されています。近年では、給水ホースタイプを使用している住宅が主流になったため設置されることは少なくなっています。横水栓タイプも古い建物に設置されています。屋外で使用することが多く外気や品質の影響で劣化が早いため、水道 修理の頻度は増しやすい傾向にあります。
洗濯機用のワンタッチタイプ水栓の場合は、多くの住宅の洗濯機置き場に設置されています。水栓の周囲が途中少し凹んでいますが、これは給水ホースが抜けないようにするための仕組みです。水栓の中央部分に白いカバーが設置されていて、この部分に給水ホースのフックを引っ掛けます。フックの役割は非常に大きく、災害による衝撃や子どもの悪戯によって給水ホースが外れることを防ぐ役割があり、水漏れを防ぎます。しかし、万が一給水ホースが外れてしまった場合は水栓を閉めない限り水が出続けてしまうため、トラブルが発生した際は応急処置を含めて何かしらの対応をしないと住居トラブルに繋がります。

■便利な機能付き水栓
近年の新築や賃貸物件では、洗濯機水栓にストッパーの機能が付いているタイプが設置されているところも増えています。これは、災害や衝撃を受けた際に、給水ホースが外れても自動で水が止まる仕組みです。外出時や睡眠時などに洗濯機のタイマー設定機能を使用して洗濯を行うなど、時間を有効に活用している方もいらっしゃることでしょう。タイマーを設定して洗濯をしている場合、洗濯機の水栓は開けたままにしておかなければならず、このような時にストッパー機能が付いた水栓であれば万が一の際でも自動で水の供給がストップするため安心して使用できます。2ハンドルタイプなら、水だけでなくお湯も使用できます。水温が下がる冬場に快適に使用しやすいことと、お湯で洗うことができるため頑固な汚れが落ちやすくなる所が長所です。

■洗濯機蛇口で水漏れが起きやすい場所とは

洗濯機の水漏れが起きると水道 修理が必要となります。よくある症状は、水栓と給水ホースの接続パーツであるニップルの部分から発生しやすいです。ニップルはネジで蛇口に取り付けられている物が多く、経年劣化に伴う部品の不具合はもちろん、毎日使用することでネジの緩みが発生します。このネジが緩むことによって隙間が生まれ、水が漏れてしまうのです。
また、賃貸住宅へ引っ越した際や、これまで使用していた洗濯機を買い替えた際にもニップルが合わずに水漏れを起こすこともあります。特に入居時に備え付けられているニップルが古いものの場合は特に劣化具合が大きいです。また、ニップルのネジをしっかりと締め付けて蛇口に取り付けるため、古いニップルを取り外した際に蛇口が変形しているなど、蛇口交換が必要となる場合もあります。

■まとめ
洗濯機は機械そのものの性能はもちろん、接続する水栓の性能も高いものがあります。災害時などでも水が止まる仕組みにもなっているタイプも増えており、水道 修理・水漏れも発生しにくくなっています。賃貸物件の場合は、予め備わっているものでは劣化している場合もあります。そのような場合は管理責任者に確認し、水道 修理を行う必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース