洗濯機の排水ホースの水漏れの原因と水道 修理について

洗濯機の排水ホースに不具合が生じることで、水漏れが発生して水道 修理が必要となる場合があります。特に賃貸物件の場合は、屋内外問わず階下などに被害が及ぶことで莫大な費用が発生することにもなりかねません。そこで、排水ホースの修理におけるポイントを紹介します。

■洗濯機の排水ホースの水漏れや水道 修理が起こる原因

10年以上同じものを使用していると、部品の劣化に伴い水漏れが起きやすくなります。また、洗濯槽の内側などにこびりついた水垢汚れやカビなどが詰まりの原因となる場合もあります。賃貸物件でベランダに設置している場合は、雨風の影響を受けますのでホースの劣化が早いです。
ドラム式タイプなど、大型の洗濯機では排水ホースのスペースを確保しづらく、無理に折り曲げてしまったりつぶしてしまう場合があり、負荷の高い部分からひび割れなどが起こる可能性があります。また洗濯機のモーターとの距離が近くても、熱による影響を受けて破けてしまいやすいです。そのため、洗濯機を設置する際は、必ず排水ホースのスペースを十分に確保する必要があります。おすすめなのはかさ上げ台の設置ですが、使用の際に振動でバランスが崩れることがありますから、固定式タイプのものを使用すると良いです。クッションゴムが付いているタイプだと耐久性も高く、揺れ、音の軽減もしてくれます。かさ上げ台があることで、下の清掃や通気性が良くなりカビ発生防止にもなります。

■洗濯機の排水ホースにおける水漏れ水道 修理のポイント

応急処置を含めて、水漏れなどでホースが破れた際には水道 修理が必要です。
補修テープで固定する場合は、補修部分を水で完全に拭き取ります。そして、破損している箇所をふさぐようにテープで巻いていきますが、テープを二重に重ねて巻くことでより頑丈になります。業者へ修理を依頼する前の応急処置としてもこの方法は有効です。
排水ホースを使用する際、延長ホースを使用している場合だと継ぎ目が一つ増えた状態です。それに伴い水漏れが二重に発生しやすくなります。差込時のサイズ確認はもちろん、しっかりと固定することが必要です。
自分で排水ホースを取り付ける際ですが、ホームセンターでも蛇腹ホースは販売されています。取り付けていたものに長さを合わせて調整をしますが、長い場合は切って調整しなければなりません。

■まとめ
洗濯機の排水ホースの劣化や設置状態に伴い破れてしまうことが、水漏れの原因となります。ビニールテープなどはホームセンターで販売されていますので、自分で補修することもできますが応急処置です。長期間使用する場合は、水道 修理業者に依頼することがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ