蛇口からの水漏れ修理の方法

水回りの機器を使用していた際、蛇口や給水ホースなどから水漏れが発生することがあります。応急処置を含めた修理だけでなく、蛇口 交換を必要とする場面があります。修理業者や管理責任者への依頼や報告をする前に、ご自身で原因を見つけておくことでも処置がスムーズになります。蛇口 交換におけるポイントを紹介します。

■水漏れ箇所に合わせた処置

水漏れの原因はいくつかありますが、ニップルが緩くなっている場合はねじを締めなおすことで改善されることがあります。年数が経っている場合は、ホームセンターで部品を購入して自分で交換することも可能です。
蛇口の締め込みから水が漏れている場合は、スパナを使って締め込みをすると改善されます。直らない場合は、パッキンの交換が必要です。賃貸物件の場合、入居時にこのトラブルはよくありますので、管理責任者に確認して依頼すると良いです。
ナット部分から水が漏れている場合は、三角パッキンの劣化である場合が多いです。モンキーレンチや三角ハンドルがあれば修理は可能です。パッキンの交換を行う際にナットが回りづライ場合はオイルを塗ることで滑りがよくなり、部品を簡単に外すことが出来ます。三角パッキンを交換しても直らない場合は、コマパッキンの錆びや劣化が考えられます。そのため三角パッキンを交換する際にコマパッキンの交換もしておくことがおすすめです。また、修理をする前に、残水が出てくる場合があります。特に室内だと床が濡れてしまいますので、タオルを周辺に敷いておくと、作業がしやすいでしょう。

■ストッパー付き水栓への交換

近年では洗濯機の蛇口 交換をする方向けに、ストッパー付き水栓が開発されています。工具があれば自分でも交換作業を行うことができます。交換の方法は、水が出ないようしっかりと蛇口を閉めて、スパナを使って蛇口の先を取り外します。この際に固くて取り外しづらい場合は無理に行うと配管が折れてしまう可能性があるため、無理せず専門業者へ依頼をしましょう。
蛇口の先を取り外すことができれば、古いパッキンを取り外し、新しいパッキン、ストッパー付き水栓の順でつけて蛇口 交換は終了です。蛇口を締めこむ際には、力いっぱいに締め付けてしまうと負荷がかかってしまい水漏れや配管の不具合が起きてしまうことがあるため、8割程度の力加減で締めると良いでしょう。取り付けが完了したら、水が漏れる箇所がないか確認をします。

■まとめ
修理が必要な場面で、家庭用の工具とホームセンターで購入できるタイプの部品があれば自分で修理することも可能です。しかし蛇口 交換の際、配管や接続部分が劣化している場合は、二次被害を防ぐためにも専門業者に依頼した方が良いでしょう。賃貸物件の場合は、管理責任者への報告するためにも入居時に確認が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ